顔の産毛処理おすすめ法

顔の産毛処理おすすめ法

顔の産毛で悩む女性は、働く女性のほとんどです。
今や男性を凌ぐ勢いで社会で大活躍の女性ですから、見た目は出来る女性でも、体内は男性化している可能性は大きいと思います。

 

つまり、女性ホルモンが減ってきてしまい、更年期と同じように、産毛が濃くなる、ひげのようになる女性が増えてきているのです。
でも、それは悪いことなのか良いことなのかは長い目で見てみるとわかりません。

 

なぜなら、地球環境も刻々と変化する中で、将来的には産毛の濃い女性がモテる可能性もあるからです。
昔は男性は男性らしくというのが普通でしたが、今の営業マンの若い男性はひょろりとしていて、お肌もつるつるでさわやかな少年のような男性がモテています。

 

つまり、顔の産毛も空気中の異物によってか、女性の男性化によってか、正直はっきりした徹底分析はできていないものの、濃くなっているのです。
そこで、今は処理をしていますが、将来は処理をせずにきらきらに脱色したり、する時期がくるかもしれませんよね。というお話です。

 

とりあえずは、今毎日会社に行く女性ができることはたくさんあります。
毛抜きで抜くことだけはやめましょう。肌を傷つけ雑菌が入る場合があります。

 

その後吹き出物ととなって跡が残る可能性もありますので、抜きたくなったら、まずは剃ることで我慢しましょう。
おすすめの処理方ですが、電動シェーバーで剃る。

 

これは定期的に剃ればいいだけですので、次に剃る10日後程度は、肌の状態も落ち着いてきていることでしょう。
敏感肌の人はまた違いますので、皮膚科で相談した方がいいと思います。

 

抑毛効果のあるスキンケアクリーム・ローションを使う。(顔専用のものを使いましょう。)
医療脱毛を探す。エステサロンを探す。
この二つは最終手段になると思います。

 

剃っても青く跡が見える。色が白いからごま塩みたいになってしまうなど、産毛の濃さによってかわってくると思います。

 

コストは医療脱毛>エステサロンです。

 

なぜなら、医療脱毛は医師免許を持っている人しか開業できないからです。それから、永久脱毛=医療脱毛、半永久脱毛=エステサロンです。
どうせお金を払うのなら、少し高くても医療脱毛の方がよくありませんか?

 

医療脱毛は医療行為のため、万が一何かあっても、すぐに薬をもらえるか、医療行為をしてもらえます。もちろんシワはシミにならないために、処方箋もくれるかもしれません。これがメリットです。

 

エステの方は、エステですから、専用化粧品で、アフターケアをしてパックなどがセットになっている場合があります。つまり、レーザーや光照射した後に、クールダウンのパックをして、マッサージなどもしてくれるパッケージもあるということですよ。

 

どちらも魅力的ですが、顔の産毛処理という意味ではやはり永久脱毛をした方がいいと思います。それほど気にならないのであれば、電動シェーバー+抑毛スキンケアでお肌を優しくいたわってあげましょう。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?