顔の産毛はガムテープで抜ける?

顔の産毛はガムテープで抜ける?

顔の産毛はガムテープで抜けることもあるかもしれませんが、ガムテープで顔の産毛を抜こうと思うなら、顔専用の脱毛テープを使った方が、ガムテープを使うよりお肌にはいいと思いませんか?ガムテープの本来の使い道と違いますので、お肌に何かあってもクレームはできません。

 

「レキットベンキーザー・ジャパンヴィート顔用脱毛ワックスシート敏感肌用」というものがあります。ちゃんと敏感肌用と書いてありますので、これで肌荒れしたら、無理に剥がして顔の産毛を脱毛することはあきらめ、シェービングか、永久脱毛をやってみましょう。

 

こちらの商品は、脱毛シート×10組(20枚)と拭き取りシート×4枚が含まれています。使い方ですが、一組のワックスシートを両手に挟み、軽く擦るように温めます。シートは2枚1組になっているので、ゆっくりとはがして1枚ずつにします。ベタベタしてる面が内側でくっついています。脱毛したい部位に1枚のシートを毛の流れに沿って貼り、数秒間しっかりとならします。毛の流れと逆方向にシートを180度ひっくり返し、お肌を片方の手で押さえながら一気にはがします。

 

意を決して一気にベリッとはがすことで毛が抜けますが、本当に敏感肌でも大丈夫なのでしょうか。気になるところですが、使い方のポイントもありましたので、ご紹介します。脱毛後は、拭き取りシートで優しくお肌を拭き取ります。はがす時は一気に!ゆっくりはがすとワックスがお肌に残り、脱毛効果が弱まります。

 

付属の拭き取りシートの代わりに、ベビーオイルをたっぷり含んだコットンでワックスを拭き取ることも出来ます。想像してたよりも痛くない…鼻パックよりも少し痛い程度の痛みだそうです。

 

口コミ情報も探してみましたよ!使う前に一番気になった「痛み」ですが、自分で想像していたよりは痛くありませんでした。使う前は、ガムテープでスネ毛をはがすくらい痛いかな?と思ってたんですが、それほどではありませんでした。「鼻の角栓とりパックの痛みの強さが、じんわり長引く」くらいな感じ。案の定、使用後はヒリヒリ感と赤みはバッチリ出たので、化粧水&乳液をいつもどおり塗った後、冷凍庫にあった保冷材で冷やしました。

 

抜ける割合は約4割。痛い目をして肌が荒れるリスクをおかして4割しか抜けないの?と思うか、ドラッグストアで買える安価品なのに4割も抜ける!と思う人と色々あると思います。

 

顔用産毛脱毛シートを使ってみて困ったことは、シートが意外に大きいこと。ばんそうこうよりも二回りくらい大きいくらいのサイズです。しかも、粘着麺はワックスでベタベタしているため、貼り直しができません。本当は、眉間や眉のキワなどに使いたかったのですが、シートを眉にかぶらずに貼るのが難しくて断念しました。という感想もあります。

 

とにかくガムテープで顔の産毛をはがして抜くという行為はやめた方がいいですね。